リフォーム時期の考え方とリフォームの流れとは?

ある時期になるとリフォームをしようかどうか迷われる時期がやってきます。また、どの位のサイクルでリフォームをしていった方が家にとってもいいのかと考えることがあると思います。

ここでは、そういったリフォーム時期のタイミングとその時期の見分け方についてご紹介していきます。住んでいくうちに家族構成なども変化し、住まい方も変わっていくと思われます。そうした事にもどのように対処しながらリフォームして行ったらいいのでしょうか。リフォームの流れを追っていきます。

10年ごとに考える点検!

%ef%bc%91

築10年位経つと劣化してくるのが家の屋外の木や鉄の部分です。表面だけの腐食ならば塗り替えを行うことになります。もし中まで腐食していることがあれば修繕の必要がありますので、5年ごとの塗装がベストと言え、10年では必ずチェックが必要です。

また、屋根、外壁、床下なども10年で点検し、モルタルの外壁は10年での塗り替えが必要です。

屋上やベランダの防水工事も10年が目安ですので、やり替えが必要な時期となります。

また、設備としては給湯器の交換が必要になってくる時期ですので必ず確認をします。

築15~20年になると水周りのリフォームや家族構成などにも変化が

外壁のヒビや屋根瓦のずれや内装の汚れや痛み、水周りの汚れ、劣化も多く目立って見られるようになります。室内のクロスなども10年~20年では貼り替えも必要になってきます。ストレート屋根の場合も20年では葺き替えが必要となります。

%ef%bc%92

またこの頃になると、家族構成や生活スタイルに変化が生まれ、浴室、洗面所、キッチン、トイレなどの交換が必要になってきたり、新しいキッチンレイアウトや間取りの変更などの希望が生まれます。20年がいろいろな箇所のリフォームを幅広く考えてくる時期ではないでしょうか。

築25年が建て替えかリフォームかの大きなポイントに

築25年になると建て替えかもしくは大きなリフォームかで悩むようになります。これまでの5年もしくは10年の点検の差が出てくる時期で、点検や補修をきちんと行っている家であれば、築20年、25年での補修費も少なくて済みます。

この時期には、リフォームの経費として建て替えの7割以上の経費がかかってしまうようであれば建て替えた方がいいとも言われます。

また、築年数が経った家は、地震基準も古いままの家のことがあり、地震への強度が不足していることもありますので、ぜひ地震対策もしっかりした家にリフォームすることは大事なポイントです。

%ef%bc%93

このように、一戸建ての家もマンションと同じように5年ごとの点検と10年ごとの大規模な補修を予定に入れて計画的にリフォーム予算を立てられることがおすすめです。ぜひ、計画だったリフォームを行われるように練馬区の工務店、北国大工・大橋建築にご相談頂ければと思います。

 

[ リフォームコラム一覧に戻る ]

お見積り・ご相談無料 住まいのプロにお任せ下さい 北国大工 大橋建築株式会社へ

ユニットバスリフォームや節水タイプの便器・便座交換、キッチンリフォーム、 洗面化粧台交換といった水廻りリフォームから、壁紙・フローリング・畳などの内装リフォーム、 エコに役立つ内窓リフォーム、外壁・屋根のリフォーム、エクステリアのリフォーム、 手すりや段差解消等の介護リフォームといった幅広いラインナップがございます。

Webからザックリメール見積り現地調査で詳細見積り

お電話から03-5848-8006 【受付時間】9:00~19:00 年中無休